お役立ち情報 Information

エントリー「コア・ステラ通信2019年1月号」

コア・ステラ通信2019年1月号

お役立ち情報 |

平成31年1月号(第41号)

社会保険労務士法人コア・ステラ通信

連絡先 : 〒386‐0005 長野県上田市古里692番地2
電 話 : 0268-26-7311 FAX : 0268-26-7312
e-mail:info@sr-koastella.jp

新春のご挨拶を申し上げます。

旧年中は、格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。
おかげさまで、社会保険労務士法人コア・ステラも新年を迎えることができました。
これもひとえに、皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
本年も皆様にご愛顧いただける社会保険労務士事務所でありたいと役職員一同精進に努めて参りたいと存じます。
本年も皆様の事業がますますご発展されることをお祈り申し上げます。

賃上げ、過去最高を更新~厚生労働省の平成30年調査結果から

◆賃上げは過去最高を更新

 厚生労働省が、平成30年の「賃金引上げ等の実態に関する調査結果」を公表しました。
 調査対象企業数は3,543社で、うち有効回答企業数は1,779社。有効回答率は50.2%でした。

 これによると、定期昇給やベースアップによる1人平均の賃上げ額は月額5,675円で、前年から48円増え、比較可能な1999年以降で過去最高を2年連続で更新しました。賃上げ率としては2.0%で、前年比で横ばいでした。

◆賃金改定の実施状況

 平成30年中に「1人平均賃金を引き上げた・引き上げる」企業割合は89.7%(前年87.8%)、「1人平均賃金を引き下げた・引き下げる」は0.4%(同0.2%)、「賃金の改定を実施しない」は5.9%(同6.3%)でした。

◆賃金の改定額

 平成30年中の1人平均賃金の改定額(予定を含む)は5,675円(前年5,627円)で、「1人平均賃金の改定率」は2.0%(同2.0%)でした。

 また、企業規模別にみると、「1人平均賃金の改定額」は、5,000人以上の企業で7,109円(前年6,896円)、1,000~4,999人で5,645円(同5,186円)、300~999人で5,247円(同5,916円)、100~299人で5,039円(同4,847円)という結果でした。

 300~999人規模の企業で改定額が前年を下回りましたが、それ以外では前年比プラスの改定水準となっています。
 (注) 1人平均賃金は、所定内賃金(諸手当等を含むが、時間外・休日手当や深夜手当等の割増手当、慶弔手当等の特別手当を含まない)の1人当たりの平均額。

◆定期昇給等の実施

 平成30年中の賃金改定が未定以外の企業(賃金の改定を実施しまたは予定している企業および賃金の改定を実施しない企業)のうち、定期昇給を「行った・行う」企業割合は、管理職69.7%(前年69.0%)、一般職80.1%(同77.5%)で、管理職、一般職ともに前年より上昇しました。

 また、定期昇給制度がある企業のうち、平成30年中にベースアップを「行った・行う」企業割合は、管理職24.2%(前年22.9%)、一般職29.8%(同26.8%)で、管理職、一般職ともに前年より上昇しました。

 人手不足と景気の上昇を反映し、賃金の上昇傾向は調査結果にも表れているようです。
⇒ 【厚生労働省「平成30 年賃金引上げ等の実態に関する調査の概況」(PDF)】

1月の労務の手続提出期限[提出先・納付先]

  • 31日
  • 労働者死傷病報告の提出
    <休業4日未満、10月~12月分>[労働基準監督署]
  • 健保・厚年保険料の納付[郵便局または銀行]
  • 労働保険料納付<延納第3期分>
  • 外国人雇用状況の届出(雇用保険の被保険者でない場合)
    <雇入れ・離職の翌月末日>[公共職業安定所]

編集後記

おかげさまで、コア・ステラ通信も新年の発行を迎えることができました。
本年も職員一同、皆様のお役に立つ情報を発信して参りたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。